ムダ毛処理とお肌の関係

肌は非常にデリケートにできているので、ちょっとしたことでも刺激を受けたりダメージを負ってしまうことがあります。

ムダ毛処理にしても、やり方によっては肌への負担が大きくなってしまう場合があるので注意が必要です。できるだけ、肌へのダメージが少ない方法でムダ毛処理をすることが大切と言えるでしょう。

カミソリを使ったムダ毛処理は手軽にできる反面、肌荒れの原因にもなり得る方法です。カミソリで剃った後の肌は乾燥しやすいので、ムダ毛処理の前にはシェービングフォームを塗っておくようにしましょう。

脱色など、薬剤を使ったムダ毛処理は、肌への負担が大きい方法です。薬剤をムダ毛に付けようとすると、どうしても肌にも付着してしまいます。そのため、肌へのダメージを避けて通ることが難しくなってしまうのです。

特に敏感肌の方は注意が必要です。肌に薬剤を塗っただけでも、刺激を感じたり赤くなってしまうこともあるので、できるだけ避けた方が望ましいでしょう。

毛抜きを使ったムダ毛処理は、直接的な肌ダメージは少ないと方法と言えます。ですが、敏感肌の方はムダ毛を抜いた後に毛穴が腫れてしまうこともあります。毛抜きを使ったあとにかゆみや痛みを感じたら、この方法は控えた方がいいと言えるでしょう。

どの方法も、処理をした後になんらかの異常があらわれたら使用を中止した方がいいでしょう。できるだけ肌へのダメージが少ない方法で、ムダ毛処理をするようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ