ムダ毛処理で起こる肌トラブル

肌は非常にデリケートなため、ムダ毛処理をして何らかのトラブルが発生してしまうことも珍しくありません。肌へのダメージを少なくムダ毛処理をするためにも、どんな肌トラブルがあるのかを確認しておくといいでしょう。

肌にまつわるトラブルには、毛穴が膿んだり腫れたりする症状があります。これは毛嚢炎と呼ばれるもので、ニキビや吹き出物に近い症状と言われています。ニキビが痕に残ってしまうことがありますが、毛嚢炎にもこの症状がみられます。これを炎症性色素沈着と言い、黒ずみやシミなどの肌トラブルが発生してしまうのです。

毛嚢炎はニキビや吹き出物とほぼ症状が同じなので、対処方法も同様に行います。もしも黒ずみやシミが発生してしまったら、美白できるクリームや化粧水を使うようにしましょう。悪化してしまった場合は、皮膚科での治療が必要です。

埋没毛と呼ばれる症状も、ムダ毛処理で起こる肌トラブルのひとつと言えるでしょう。埋没毛はムダ毛処理をした後に、新しく生えてきたムダ毛が肌の中に埋没している状態を言います。ムダ毛処理をしているときに肌がダメージを負ってしまい、次に生えてきたムダ毛が皮膚の上に出てくる前に肌が再生してしまったことから起きます。

埋没毛になると、肌の中で丸まったムダ毛が見えてしまうので外見上良くありません。また、その部分に触れると痛みが伴うことがあります。
埋没毛は主にカミソリや毛抜きを使用したムダ毛処理でよく見られる症状です。埋没毛が起こっているということは肌がダメージを受けているということなので、十分気をつけるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ