毛抜きを使ったムダ毛処理の注意点

ムダ毛処理に毛抜きを使おうと考えている方は多いのではないでしょうか。毛抜きを使ったムダ毛処理にはメリットもあればデメリットもあるので、使う前によく検討するようにしましょう。

毛抜きを使ったムダ毛処理は、そり残しなどがないため処理後の肌がきれいに見えるのが利点と言えます。ですが、毛抜きを使ったムダ毛処理は、皮膚の中の毛を無理矢理引っ張り出しているので、当然痛みが伴います。痛みを少しでも軽減するには、ちょっとした工夫が必要です。

伸びているムダ毛は電気シェーバーやはさみなどを使って、5mmくらいに切り揃えていきます。この下処理を終えてから毛抜きを使用すると、ムダ毛処理がやりやすくなるでしょう。

毛抜きを使うときは、抜きたい箇所の皮膚を引っ張るようにしてください。皮膚を引っ張ることで、毛穴も広がります。毛抜きを使ったムダ毛処理に痛みはつきものですが、毛穴を広げることで痛みを少なくすることができます。

ムダ毛を抜くときには、毛の流れにも注意しましょう。毛の流れに逆らって抜こうとすると、毛根が皮膚の中に残ってしまうことがあります。
毛根や途中で切れた毛が肌に残っていると、処理後にきれいに仕上がりません。必ず、毛の流れに沿って毛根からムダ毛を引き抜くようにしましょう。

処理が終了したら、冷たいタオルを肌に当てましょう。ムダ毛処理のあとは、その部分の血流が活発になっています。水に濡らしたタオルを当てることで、敏感になっている肌を沈静化することができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ