毛抜きを使う

ムダ毛処理には様々な関連アイテムがあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。ムダ毛の処理に毛抜きを使っている方も多いのではないでしょうか。

毛抜きを使うとムダ毛を毛根から除去することができるので、ムダ毛が伸びきるまでに数週間という長い期間を要します。カミソリを使ってムダ毛を剃ると黒い剃り跡が残ってしまいますが、毛抜きは毛根まで抜ききることができます。これらが毛抜きを使ったムダ毛処理の利点と言えるでしょう。

ただし、毛抜きは1本1本のムダ毛をつまんで引き抜くため、どうしても時間がかかってしまうという難点があります。また、肌の奥からムダ毛を引っ張るため、肌のコンディションによっては炎症を起こしてしまう場合があります。

埋没毛と呼ばれる現象を起こしてしまうことも毛抜きのデメリットと言えるでしょう。埋没毛は皮膚の内部に毛が丸くなって埋まっている状態を言います。毛抜きでムダ毛を引っ張ったときに肌がダメージを負い、その部分の肌が再生したときに新たに生えた毛をすっぽりと包んでしまうことから起きます。

埋没毛を見つけたら、爪などで肌を少し傷つけて取り出さなければいけません。そのため肌が傷ついてしまうのです。処理をした後は必ず傷薬などを塗って、しっかりアフターケアをするようにしましょう。

毛抜きを使ったムダ毛処理は、毎日処理するのは面倒だが1回の処理に時間をかけられる方におすすめです。毛抜きは数百円のものから1000円以上のものまで様々なタイプが売られているので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ