手作りローションによるムダ毛処理

ムダ毛処理には、手間や時間がかかってしまうので、面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがムダ毛を薄く、目立たなくさせる方法です。

豆乳ローションは自分でも作れる簡単なローションです。豆乳の成分のひとつである大豆イソフラボンは、ムダ毛を薄く目立たなくさせ、さらにムダ毛が伸びる速度を緩める効果に優れています。興味がある方は是非試してください。

必要な道具はボトル、ボウル、ザル、温度計です。材料は中くらいのレモン2個、消毒用エタノール(消毒用のアルコール)を60ml、無調整タイプの豆乳500mlです。

はじめにレモンを絞って、レモン汁を作りましょう。絞るときは実が入らないように注意してください。
そして、鍋に入れた豆乳を弱火にかけます。固まらないようにゆっくりかき回しながら、あたためていきます。

豆乳が60℃くらいまであたたまったら、最初に用意しておいたレモン汁を加えます。そして、小さなかたまりが見えるようになるまで混ぜましょう。
小さなかたまりができたら火を止めます。そして、消毒用エタノールを入れましょう。

火にかけた状態で消毒用エタノールを入れると危ないので、必ず火から鍋を下ろすようにしてください。この液体をキッチンペーパーを敷いたザルでこします。十分に冷めたら豆乳ローションの完成です。

ムダ毛を薄く目立たなくするには脱色剤なども効果的ですが、豆乳ローションは自宅で簡単に作れるのが嬉しい点です。豆乳ローションを使って、ムダ毛のないきれいな肌を手に入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ