ムダ毛処理でカミソリを使う方法 カミソリ負けとぶつぶつはどうする?

ムダ毛処理をするときにカミソリを使う方は多いのではないでしょうか。カミソリを使ったムダ毛処理の良いところは、痛みが少ない点だと言えます。

ムダ毛処理 カミソリ 方法

毛抜きを使った処理は肌の奥の毛根ごと引き抜くため、痛みが伴います。カミソリを使用したムダ毛処理は、毛根を残したままムダ毛だけを除去するので痛みが少ないのです。

ムダ毛処理でカミソリをうまく使う方法

腕や脚のムダ毛をカミソリで行なう処理は、いますぐスベスベになりたい人やお金をかけたくない人に向いています。

ただ、正しい使い方をしないと、お肌がカサカサになってしまったり流血してしまうこともあるので、使用の際はそれなりに注意する必要があります。

カミソリを使ったムダ毛処理は毛根が完全に取り残されるため、新たなムダ毛がすぐに伸びてしまいます。そのため、カミソリを使うのであればムダ毛処理の頻度を高くする必要があります。

毛の形は、毛根が楕円状に太く、先端にいくほど細くなっていきます。カミソリで剃るのは、上部の毛が細い部分です。そのため、肌には毛が太い部分が残ってしまうのです。

太い部分のムダ毛が肌に残ると、手で触ったときにザラザラとした感触になってしまいます。それを防ぐには頻繁にムダ毛処理をする必要があるのです。

カミソリを肌に当ててムダ毛処理をすると、どうしても肌にダメージを与えてしまいます。カミソリが肌に当たると、肌にある角質も削られてしまいます。それを頻繁に行うことで、肌が黒ずんでしまうことがあるので注意が必要です。

カミソリには用途に合わせた様々な種類があります。狭いところと広いところなど、場所に適したカミソリがあるので、用途に応じて選んでみるといいでしょう。人によって使いやすいカミソリは異なるので、自分に合ったアイテムを選ぶことが大切です。

カミソリ負けしたらどうする? しない使い方は?

カミソリ負けをする原因は、カミソリを使用する際にきちんと肌表面を保護しながら滑りを良くするクリームや石鹸などを塗らないことから起こります。

もし専用のクリームがなかったとしても、お風呂場などに必ず置いてある石鹸やボディソープなどをしっかり泡立ててから使うことにより、同じ効果が得られます。

それでももし、カミソリ負けしてしまうなら、お肌が弱くてカミソリの刺激に耐えられないのかも知れません。そんな場合は、しばらくはカミソリでのムダ毛の処理を控えた方が良いですよ。

ムダ毛処理をカミソリでしてたらぶつぶつになってきた・・・

そのブツブツはもう、確実にカミソリ負けです。もしくは、金属アレルギーによるものかも知れません。

とにかく、その状態になってしまったら、まずカミソリの使用は中止してください。以後、カミソリでのお手入れは避けた方が無難です。

確かに気軽でお手軽に脱毛ができますが、毛根から脱毛しているわけではないので、常にお肌に刺激を与えながらケアしてしまっています。

カミソリでのお手入れでお肌に異常が現れたら、即使用を中止し、あまりにヒドいならお近くの皮膚科か病院を受診するようにして下さい。

また、それ以降のムダ毛の処理は、お肌に負担のかかりにくい方法でするようにしましょう。


カミソリでは処理頻度をこまめにしないと、次に生えてくる時のチクチクとした感覚に見舞われてしまいます。

お手軽に脱毛処理ができるカミソリですが、処理数日後に伸びてくるムダ毛を、いかにしてチクチクさせないようにするかということも必要です。

チクチクを回避する方法としては、処理した後にすぐ抑毛ローションを塗るのがおすすめです。

次に毛が伸びてくる時、毛の質感を柔らかくするのと、毛が伸びにくくなってくる効果があるので、処理した時だけじゃなく、毎日使用した方が良いですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ